Pebble Watch ガジェット

Apple WatchではなくPebble Watchを買った理由

投稿日:

「高い」・・・端的に言うと、それだけです。使うからには仕事中でも使いたい。とするとデザイン的に「Sports」は選択外。とするとノーマルエディションになり、78,000円とか、あり得ない。好みのバンドを買うと10万円コースになる。パソコン買えるじゃん。

ということで実際にはApple Watchの値段が発表される直前ぐらいでしたが、Pebble Steelを買いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体が199ドル、バンドも同時に注文して、これが20ドル。アマゾンでも買えるけど高いのでpebbleのサイトから購入。送料無料でした。シンガポールから送付されましたが、注文してから2週間ぐらいで届きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バンドを交換しました。自分で交換できますが、標準でついてくるドライバーは小さくて使いにくいので1.2mmの精密マイナスドライバーを用意した方がいいと思います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Watch Faceはたくさん用意されており、2つほどインストールしました。昔のカシオのデジタル時計っぽくてお気に入り。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも基本、こちらを使っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このFaceは腕を強く振ると情報が切り替わるようになっていて、週間天気予報が表示されるこの画面をデフォルトにしています。鳥屋は週末の天気がいつも気になっているので。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会社のiPhoneと連携させ、会社メールアドレスに届いたメールはすべて通知されるようにしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全部ではなく、最初の数行だけですが、下にスクロールするとメールの内容を少し確認することができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Apple Watchがいろんなことできるのは分かっていますが、スマートウォッチに個人的に求めていた機能はそれほど多くありません。「これができればいい」という機能はPebbleにすべて入っています。

その一つがiPhoneのiPodをリモートコントロールする機能。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手元で再生、先送り、戻りができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真ん中のボタンを長押することでPebbleが「ぶるっ」と震えて、画面が切り替わり、音量調整できるようになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リアルタイムに確認しなくても後で「通知」メニューから届いたメール、SMS等を確認することができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先ほどと同様最初の数行だけだけど、内容を確認できます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早弁・・・ではなくて、右側の上と下のボタンにアプリケーションを割り当てることができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上には音楽を割り当てています。右上ボタンを長押しすることで即座に音楽コントロール機能が呼び出されます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところで今年でしたか、韓国の方が作成、公開してくれている日本語ファームを入れています。全部ではないですが主要な漢字も入っていて実用上まったく問題ないし、単に「フォントを入れただけ」ではなく、メニューがちゃんと日本語化されているので翻訳もしてくれています。神です。感謝に絶えません。

カレンダーアプリ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPhoneの指定カレンダーを呼び出すことができます。ただし同期後新規登録のみ表示され、過去登録したものは同期できません。有料アプリ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スマートウォッチに求めていた必須機能ではなかったけど使ってみると「神アプリ」と思ったのがEvernote。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Pebble用のノートブックを作りました。Pebbleで確認したいメモはここにどんどん書き込んでおきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

するとノートがまず表示され、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

例えば今週末福岡に出張するのですが、フライト番号、ホテル名、電話番号、お客様の担当者名、電話番号等を表示することができます。空港で「フライト番号いくつだっけ?」というのはよくあるので、いちいちスマホとか印刷した紙を出さなくていいので悶絶するほど便利。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

単純なタイマーアプリ。これ、私には必須。毎日お風呂にお湯張るのに15分かかるのですが、今まではiPhoneのタイマーを使っていました。これからは手元の腕時計でできます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個人的に必須機能の一つ、Activity、つまり活動量計。今の最新OSはバックグラウンドで動かすことができるようになったとのことで、特に気にせず測定しっぱなしにできます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんある活動量計アプリのうち私はMisfitを使っています。万歩計、睡眠レベルを測定できます。この日同期したタイミングで9,000歩以上歩いていました。
IMG_4260

6時間44分寝て、この画面をスクロールすると現れるバーグラフで、浅い睡眠、深い睡眠の時間帯を表示させることができます。これで無料だから助かります。
IMG_4259

実質まだ丸一日使っただけですが、「もうこれなしでは生活できない」ほど気に入っています。

よく言われるようにiPhoneをほとんど見なくなりました。仕事しながら時々手元で「ぶるっ」とバイブし、ちらっと見るとメールの概要が表示される。即レスが必要だとパソコンで返事、急な用事でなければそのまま目前の仕事を続けるということが可能になります。

私は仕事でサーバーやネットワークの管理、監視、運用もしているのでサーバーが死んだ場合監視サーバーからSMSが届きます。それも手元で確認できます。

お客様から運用に関してコールが入ることもあり、それも手元で誰が電話をかけてきたかすぐに分かるので、名前を見てから電話を取ることができます。

さて、Pebbleを使い始めて感じたことがひとつ。それは「制限されることが逆に気持ち良い」ということ。

Pebbleは8つしかアプリを本体にインストールできません。それ以外のお気に入りアプリ、使うかもしれないアプリはiPhone側に「LOCKER」という保存場所に保存します。
IMG_4256

この、「本体には8つしか入れられない」という制限が逆にいいんですね。無駄にあれもこれもではなく、自分の使い方だとこれは必須というものしかいれない。頭を使うわけです。

メールも数行しか見れない、返事はできない、電話かかってきてもPebbleで通話はできない(取る/切るはできる)等できないことが多い。でもだからこそ割り切って使うことができ、今の機能だけで十分「iPhone、見なくていいや」生活が実現できます。

Android WearもApple Watchも基本毎日充電が必要なのに対し、Pebbleは公称1週間バッテリーが持つと言われています。使った感じ3-5日は持つ感じで、これなら出張に充電ケーブルを持って行かなくても良さそうです。

公開されてるWatch Faceを見てるだけで楽しい。
IMG_4257

生活防水対応なのでシャワーする時でもつけたままでいられる。寝る時もそのままつけています。

これで220ドルですからね。Apple Watchがこの値段で、バッテリーが2日は持つようだったら買っていたかもしれませんが、今はPebbleで十分満足しています。デザインいいし。以前の安い方のPebbleは興味湧きませんでしたけど。

スポンサーリンク


おすすめ記事

-Pebble Watch, ガジェット

Copyright© BORG日記 , 2018 All Rights Reserved.